生産管理表用語一覧

用語説明一覧

栽培責任者
田畑における栽培の管理を行い状況によっては生産者へ管理の指導を行う者をいいます。
(栽培責任者は、生産者個人や、生産団体の場合もあります。)
 
確認責任者
栽培管理の方法や管理内容を調査し、記録等を確認する者をいいます。
状況によっては栽培責任者へ管理等について指導も行います。
 
作物名
今回栽培している、作物の名前を表示しています。
 
品種名
今回栽培されている作物の、固有の名前を表しています。
(例:「ブドウ」は作物名であり、「巨峰・マスカット等‥」は品種名になります。)
 
栽培面積
作物を栽培している、田畑の広さを表しています。
生産者は、栽培面積を基に収穫量を予想したり、肥料や農薬の散布量を調整したりしています。
 
栽培方法
今回栽培されている作物が、どのような方法で栽培されたかを表しています。
 
種・苗の入手先
種や苗を入手した際の、相手先を表示しています。
入手先を記録することにより、資料の請求をしたり、次年度への取組みの参考としたりします。
 
種子消毒有無
今回栽培している作物の種が、消毒されたものか、そうでないものかを表示しています。
 
圃場(ほじょう)番号
田畑を識別するためのもので、田畑の名前にあたります。
作物を作る田や畑のことを、圃場(ほじょう)と言います。
 
圃場住所
田畑の所在地のことです。
 
前作作物名
今回栽培している作物の前に、栽培されていた作物を表示しています。
 
前作終了日
今回栽培している作物の前に栽培されていた作物の、収穫の終了した日をあらわします
 
播種日
今回栽培している作物の、種を蒔いた日を表示しています。
種を蒔く場合、じかに田畑に蒔く場合もあれば、小さなポットに種を蒔き、苗まで育てて、田畑に移す場合もあります。
 
定植日
今回栽培している作物の苗を、田畑に植付した日を表示しています。
 
収穫予定日
今回栽培している作物の、最初の収穫時期を表示しています。
 
栽培期間
今回栽培している作物の、播種日、また定植日から、最終収穫時期までの期間を表示しています。
 
出荷予定日
今回栽培している作物の、最初の出荷予定時期を表示しています。
 
出荷期間 
今回栽培している作物の、最初の出荷時期から、最終の出荷時期までの期間を表示しています。 
 
栽培区分
今回栽培された作物が、どの基準で栽培されているかを、表示しています。
 
収穫予定数量
今回栽培している作物の、収穫できるすべての予定数量を表示しています。
 
出荷予定数量
今回栽培している作物の、収穫予定数量から判断した、出荷できる予定数量を表示しています。
 
施肥資材投入計画
今回栽培している作物に使用する肥料や農薬等を、栽培を開始する前に予測を立て、計画したものを表示しています。
 
施用時期
田畑で肥料を用いる予定時期を、表示しています。
 
投入資材名
田畑で利用される、肥料や農薬の名前を表示しています。
 
施肥資材投入実績
今回栽培している作物に、実際に使用した肥料や農薬等の記録を表示しています。
 
施用月日 
実際に、田畑に肥料を入れた日を表示しています。
 
使用量(10a)
田畑の面積10アールを基準として、どれだけの肥料を使用したかを表示しています。
1アールは1辺が10メートルの正方形の面積と定義され、それは100平方メートル(m²)に等しい。
 
備考 
使用している資材等について、補足事項などが必要な場合について、表示しています。
 
防除実施日
田畑で実際に農薬を使用した日を、表示しています。
 
使用倍率・量(10a)
今回栽培されている作物に対して、10アールを基準として、原液を何倍に薄めて、どれだけの量を使用したかを表示しています。
 
特別栽培農産物の根拠
今回栽培された作物が、生産された地域(県単位)の慣行基準に対して、どのような割合で特別栽培農産物になっているのかを、表示しています。
 
県慣行栽培化学肥料使用量
今回栽培している作物の、各地域(県単位)で定められた、一般的な栽培で使用される化学肥料の使用量(平均値)を表示しています。
 
当作計画(化学肥料使用量)
今回栽培している作物に、計画段階で使用すると予測される化学肥料(窒素成分量)の量を、面積10アールを基準として表示しています。
 
当作肥料計画
今回栽培している作物に、計画段階で使用すると予測される化学肥料(窒素成分量)が、慣行栽培基準に対してどれだけ削減されるかを表示しています。
 
当作肥料実績
今回栽培された作物に、実際に使用された化学肥料(窒素成分量)が、慣行栽培基準に対してどれだけ削減されたかを表示しています。
 
県慣行栽培化学合成農薬使用回数
今回栽培している作物の、各地域(県単位)で定められた、一般的な栽培で使用される化学合成農薬の使用回数(平均値)を表示しています。
 
当作計画(化学合成農薬使用回数)
今回栽培している作物に、計画段階で使用すると予測される化学合成農薬(JAS有機農産物で使用可能な農薬は除外)の、成分毎における使用回数を表示しています。
 
当作実績(化学合成農薬使用回数)
今回栽培された作物に、実際に使用された化学合成農薬(JAS有機農産物で使用可能な農薬は除外)の、成分毎における使用回数を表示しています。
 
当作農薬実績
今回栽培された作物に、実際に使用された化学合成農薬(JAS有機農産物で使用可能な農薬は除外)が、慣行栽培基準に対してどれだけ削減されたかを表示しています。
 
産地概要(気候・風土等)他、栽培上こだわっている点
今回栽培している作物が、どのような環境で栽培されているか、また、栽培している生産者は、どんな思いやこだわりを持って栽培しているかを表示しています。
 
作物の特徴(アピールポイント等)
生産者の視点から、今回栽培している作物の特徴や、おいしい食べ方等を紹介しています。